ロレックスオーバーホールが郵送でできるってホント?

ロレックスオーバーホールは郵送でできる

ロレックスのオーバーホール店を探し、わざわざ持ち込みをしなくても
郵送で依頼出来るので自宅に居ながらオーバーホールが出来ます。

 

郵送といっても、時計店に依頼すると見積もりキットや包装紙が送られてきて
それに時計を入れて送り、見積もりを出してもらい

 

依頼する場合はそのまま依頼してオーバーホール後に戻ってくる
依頼しない場合はそのまま返送されてくる、という仕組みになっています。

 

時計店によっては梱包の為のキットが無料で送られてくるので
最終的な見積もりを出してもらうまで費用は発生しません。

 

ですが大切な時計を郵送なんかで送るのは大丈夫か?なんて
思う方も多いかと思います。

 

これは私が体験した話ですが・・・
運送業というのは、雑な会社もあり大切な郵送品を投げたり
積み上げたりして雑に扱うところもあると言われています。

 

有名なところはそんなこともないでしょうけど、某有名運送業の倉庫では
運送する荷物が山積みにされ、5メートルをはるかに上回っており
一番下にある荷物は半分潰れていた、なんてこともありました。

 

郵送なんて大丈夫?ということで、オーバーホールの郵送に関する情報を調べてみました。

郵送なんて大丈夫なのか?

どの時計修理店もそうでしたが、「郵送に関して問題ない」そうです。
例えば、「取扱い注意」の赤いテープが貼ってあるキットが送られてきて
時計を包み込めるような梱包材で、すっぽり入り
そのまま箱を閉じてもガサガサ動かないよう頑丈なキットだった

 

という口コミが多く、どの専門店でも「時計に対しての扱い」には
細心の注意を払っているようです。

 

また、郵送するためのキットが自宅に送られてきて
そのまま依頼すると3週間前後でオーバーホールが完了することから
オーバーホールは通販が良いという口コミが多いんです。

 

大切なロレックスを郵送なんかで送りたくない、持っていきたい。と言う方には
残念かもしれませんが、時計修理店によっては持ち込み依頼を
受け付けていないところもあります。

 

郵送でしか依頼できない場合もあるので、事前に確認してみて下さい。

 

返却の際も、「時計を大切に扱う業者だということが返却された時の梱包でわかる」
というような口コミのある業者が理想ですね。

 

雑に扱うところなんてたくさんあるでしょうから。できるだけ
大切なロレックスが良い状態で戻ってくるところを選びたいものです。

【参考】
→ 郵送でも丁寧に扱ってくれるロレックスのオーバーホール専門店といえばコチラ!

 

ロレックスのオーバーホールってどれくらいですべきなの!?

≪ロレックスオーバーホールで人気の業者を調べてみた≫のTOPはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ