ロレックスのオーバーホールってどれくらいですべき?

 

ロレックスのオーバ―ホールの頻度

ロレックスを購入した、またはプレゼントされた際は必ず
オーバーホールの頻度や時期を確認しておきましょう。
まずはロレックスオーバーホールの頻度から。

 

オーバーホールは通常3年が理想ですが、最低でも5~7年の間に一度
行っていたほうが無難ですね。

ロレックスの場合、購入してすぐのオーバーホールは3年目がりそうです。
新品は部品製造時のバリが残っていることもあるので
早めにオーバーホールしておくほうが良いのです。

一度オーバーホールをしたら後は3年から4年を目安にオーバーホールすることが
メーカー正規代理店では推薦されています。

 

ですが、遅かれ早かれ5年に1度はしておいた方が良いですね。
壊れたと言って修理するのは、オーバーホールの存在自体無意味になってしまいますから。

時計が壊れたというケースはただ「時計が止まった」というだけではなく
微妙に秒針がズレている、時計内部で変な音がする。など

素人では判断しにくい壊れ方もよくあることなので
定期的オーバーホールを考えておきましょう。

どれくらいが目安?

ロレックスを愛用している方には、「もう10年以上なにもしていない」
と言う方もいますが、動かなくなってから出せば良いなんて考えは間違っています。

明日やろう、今度やろうはただの怠慢。時期を見計らって
定期的にするからこそ、時計を長く大切に使うことができるのです。

 

部品交換をしてもダメなほど劣化してしまい、ロレックスを捨ててしまう
なんてもったいないことできませんよね?

そういったことを避けたいのであれば、時期をみて
オーバーホールを行う必要があるのですよ。

 

時計好きな方や、メーカー、修理専門店などでは
定期的なオーバーホールが推薦されていますが

どうして「どれくらいが目安か?」「頻度は?」という答えに対して
均一感がないのかというと

人によって考え方が違うからです。例えば「壊れてからで良い」と言う方もいれば
早い方は3年未満でもオーバーホールをされる方がいます。

 

どれが正解という、正解と間違いはないので、あなたが「これくらが良いだろう」と
判断した時期にオーバーホールを依頼すれば良いですよ。

 
⇒ ロレックスのオーバーホールなら一流の技術がいる“専門店”の「千年堂」がおススメ! 詳細はコチラ

 

≪ロレックスオーバーホールで人気の業者を調べてみた≫のTOPはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ